岩佐真悠子が芸能界引退!今後は厳しい介護の道で第二の人生を送る

俳優

女優でタレントの岩佐真悠子さんが、2020年10月1日に芸能界引退を発表されました。

最近テレビ出演しているところをあまり見かけませんでしたが、突然の芸能界引退発表に驚きました。

引退を決意したきっかけはなんだったんでしょうか?

今後どういう活動をしていくのか調べてみました。

Sponsored Link
 

ちょっと生意気な小悪魔的美少女としてデビュー

岩佐真悠子さんは、東京都練馬区出身で1987年2月24日生まれのA型です。

デビューのきっかけは、渋谷でスカウトされてミスマガジン2003に選ばれて、芸能界デビューしています。

グラビアを目指すにあたって、ミスマガジンとかヤンマガとかの表紙に出るというのが、大きな目標になっているというのを聞いたことがあります。

デビューしたての頃は、年齢的にもティーンネイジャーなので、同世代がよく見るであろう週刊の漫画雑誌が認知度を上げるのには最適なんでしょうね。

この頃は、いろんな雑誌で岩佐真悠子さんが表紙を飾っていましたね。

岩佐真悠子さんといえば、目力に加えて生意気・毒舌といった他のグラビアアイドルとは一線を画したキャッチコピーが当時斬新で印象深かったです。

最近は1000年に1度の美少女や日本一かわいい○○店員とか売り子というキャッチコピーが多いですが、当時のデビューしたてのアイドルは、天真爛漫といったような清廉なキャッチコピーが主流だったような気がします。

そんな中、岩佐真悠子さんのちょっと生意気そうなところを売り出すというのは、戦略的に練られたものだったのかもしれませんし、目力の強さを活かして印象に残りやすくするという方針もあったのかもしれませんね。

実際の性格も、気が強いというか、負けず嫌いなところがあるのか、明石家さんまさんの番組で強気の発言をして、トークバトルから口論ぽくなり、泣いてしまったことが当時話題になりました。

厳しい縦社会の印象がある芸能界で、すでに大御所の位置にいた明石家さんまさんに対しても、向かっていく強気な態度にびっくりしましたが、生意気・毒舌で売り出していた岩佐真悠子さんなので、番組側の演出で向かっていくように煽られていたのかもしれませんね。

デビュー当初はグラビアアイドルとしての活動が中心でしたが、話題の映画やドラマにも多数出演しています。

ジャズやるべ!がキャッチフレーズだったスウィングガールズや再放送されるたびに話題となるのだめカンタービレ、どちらも上野樹里さんが主演ですね。

印象に残っているのは、名探偵コナンの実写ドラマで財閥の令嬢鈴木園子を演じたとき、なんだろう、原作のイメージにぴったりだなと勝手に納得していました。

私が好きだった漫画ケロロ軍曹のアニメのエンディング曲を総合格闘家の暴走王と呼ばれた小川直也さんとデュエットしたときは、なにがきっかけでこのコンビに?と不思議でした。

どちらかがファンだったとかかな?

多方面に活動の幅を広げていった岩佐真悠子さんですが、2014年に第23回日本映画プロフェッショナル対象新進女優賞を受賞するなど、女優としてのキャリアを形成していっていました。

引退後は介護の仕事に携わりたい

バラエティ番組やテレビドラマから舞台を中心とした女優活動に切り替えていた岩佐真悠子さん。

自身のインスタグラムで急な芸能界引退発表となりましたが、なぜこのタイミングだったのでしょうか?

17年間所属した事務所とは、円満退社であると言われています。

芸能事務所も会社なので、それぞれ決算が12月末だったり、年度末の3月だったりすると思いますが、ちょうど9月の半期決算の段階で区切りがいいという話し合いがもたれて、このタイミングでの発表になったのかもしれませんね。

2020年は今までの常識が覆ったというか、本当に大きく変化した年になりました。

とくに、芸能の世界エンターテイメント業界は、大きな影響と今後に向けて変革を迫られることになりました。

いままで忙しくしていた中、自粛期間という時間が与えられて、いままでとこれからを考える機会が誰しもあったんじゃないでしょうか?

そういう自身を振り返っていく中で、今後どうしていくかを考えた結果、新たな道に進もうとする人もますます増えていきそうな気がします。

岩佐真悠子さんにとっては、それが以前から興味があったという、介護の仕事に携わりたいという結論に至ったんじゃないでしょうか?

若い頃はあまり実感がもてませんが、年を重ねるごとに家族・両親の介護など現実的な課題に直面するときが必ず来ますよね。

将来的なことも踏まえて、今回大きな決断に至ったんだと考察します。

介護の問題ってニュースにもよく取り上げられますが、本当に大変です。

自分の両親や家族であっても、ずっとお世話をしていくのって精神的にも肉体的にも苦労が絶えません。

介護の仕事を通じて社会貢献をしたいという、前向きな決断であり、岩佐真悠子さんの覚悟も感じます。

知名度もある岩佐真悠子さんが、介護の問題や課題などを発信したりすることで大きく変わることもあるかもしれません。

道は険しいと思いますが、ぜひ頑張ってください。

Sponsored Link
 

まとめ

芸能界引退を発表された岩佐真悠子さんについて調べて見ました。

介護に携わることは、苦労も困難も多いと思いますが、趣味の釣りやサバゲーなどでストレスを発散しながら、無理しすぎないようにしてほしいと思います。

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント