ミヤネ屋4代目MCは澤口実歩アナ 女性MCは何年で交代するの?

アナウンサー

読売テレビの人気報道情報番組「情報ライブミヤネ屋」の3代目女性MC、林マオアナウンサーが7月末をもって同番組を卒業となり、後任に同局のアナウンサー澤口実歩(さわぐちみほ)さんが4代目女性MCとして登場すると発表がありました。

もう4代目になるんだ・・と思いながら、何年たったら交代とかあるのかなと疑問を感じたので調べてみました。

Sponsored Link
 

入社3年目の大抜擢!才色兼備の澤口実歩アナウンサー

4代目アシスタントに抜擢された澤口実歩アナウンサーですが、まだ入社して3年目みたいですね。

このタイミングでミヤネ屋という全国ネットの番組に抜擢されるとは、読売テレビ内でも期待の星ということでしょうか。

最近では、入社1年目から超メジャーな番組のMCやアシスタントに抜擢される女性アナウンサーが非常に多いと感じています。

一昔前は、やはり経験と実績、場数を踏んだ方が担当することが当たり前だったような気がします。

なんたって生放送ですからね。

昨今、テレビ離れが進んで若者がテレビを見なくなったとよく聞きますが、そういった層をターゲットにしてフレッシュな若手女性アナウンサーなんかを抜擢しているんでしょうか。

若手の男性アナウンサーで大抜擢ってあまり聞きませんけど・・・

澤口実歩アナウンサーは出身が岩手県で慶応義塾大学卒のようです。

地方のテレビ局のアナウンサーって近隣地域の出身者が多いと勝手に思い込んでいましたが、そんなの全然関係ないみたいですね。

アナウンサー職に就きたいという選択肢の中では、地方のテレビ局も視野に入れておかないといけないんでしょうね。

報道番組とスポーツのリポートに携わりたいと目標を掲げていたようですが、早速叶いましたね。

ミヤネ屋 歴代の女性アナウンサーMCはこの方々

情報ライブミヤネ屋は宮根誠司さんを看板として、2006年7月31日から毎週月~金に生放送されている区分でいうとワイドショーになるんでしょうか?

出演者の変更なんかが起こるのは、年度末の3月とか、10月とかのイメージがあったんで、なんで7月末に?って不思議だったんですが、番組が始まったのが7月末だったんですね。

来月で15年目を迎える長寿番組ですね!

初代女性MCは、読売テレビの森若佐紀子アナウンサーで、2007年4月1日から2011年4月1日までの4年間担当されていました。

現在も読売テレビの女性アナウンサー最年長として活躍されていますね。

2代目は現在、フリーアナウンサーとして活躍している元読売テレビの川田裕美アナウンサーで、2011年4月4日から2015年2月27日までの約4年間担当されていて、その後の活躍は皆さんご存じの通りです。

川田アナはスキップが苦手ということをよくいじられてますが、テレビで見た川田アナのスキップ・・かなり衝撃的でした・・・(笑)

3代目の林マオアナウンサーは2015年3月2日から2020年7月31日までの5年弱、出演されています。

林マオさんは育児休暇明けで復帰した直後からミヤネ屋を担当することとなり、家事・育児・仕事を両立させるのはかなり大変だったんじゃないでしょうか。

同時間帯の他局のワイドショーは著名な芸能人をMCに抜擢したりしていますが、ミヤネ屋はずっと読売テレビの女性アナウンサーをアシスタントとして採用していますね。

Sponsored Link
 

まとめ

調べてみたところ、結果としては4年から5年くらいでアシスタントを変えているみたいですね。

2代目の川田アナで番組人気が上がったような気が個人的にはします。

川田アナがフリーにならなかったら、変更なくまだ継続されていたかもしれませんね。

3代目の林アナは最長の5年弱と一番長かったですが、視聴率で苦戦をしている状況を打破するためにテコ入れがされたということなんでしょうか。

いずれにしても、4代目のアシスタントに抜擢された澤口実歩アナウンサー、お昼の顔となれるように自身でもおっしゃっている「失敗を恐れずに挑戦します!」の言葉通り、頑張ってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント