TOKIO長瀬智也の使っているギターのメーカーは?こだわりなど

芸能

以前からジャニーズ事務所を退所するのでは?と噂があったTOKIOの長瀬智也さんですが、2020年7月ついに発表されましたね。

いまTVでは、退所の話題で持ちきりですが、TOKIOは音楽(バンド)に力を入れていたこともあり、やはり演奏シーンやライブのシーンが多く放送されています。

ボーカル&ギターを担当している長瀬さん、ご自身で作詞、作曲もされることもあり、楽器にもこだわりがあるのではと思い、使用しているギターのメーカーを調べてみました。

Sponsored Link
 

ギターを始めたのはきっかけ どういう練習してたの?

長瀬智也さんは1994年、TOKIOのメンバーとなり、同年「LOVE YOU ONLY」でCDデビューをしています。

デビュー曲ではギターは弾いておらず、ヴォーカルとして歌とパフォーマンスに注力してました。

最初は楽器は演奏できなかったようですが、ギターを始めた理由として担当していたラジオ番組で「ギターってかっこいいっしょ」と情熱的にギター愛について語っていました。

このへんの理由は楽器を始める男子諸君と一緒ですね(笑)

始めた当時の練習方法はただひたすらにギターを弾きまくっていたそうです。

寝る直前まで、横になりながらもギターを弾いていて、気が付けはお腹にギターを乗せたまま寝ていたこともあったとのこと。どっぷりハマっていたんですね。

同世代のキンキキッズのお二人も「LOVELOVEあいしてる」という番組内の企画で吉田拓郎さんからギターを習ってましたよね。

特に堂本剛さんはその後もギターにどっぷりハマって、長瀬さんと同様にご自身で作詞・作曲もされていて、お互いに刺激しあっているのではないでしょうか。

私も同世代なのですが、TOKIOがデビューした当時、周囲の女子がポスター欲しいから予約してCD買ったぁとか、雑誌の切り抜きを下敷きの中に入れて、かっこいい!とかキャーキャー言ってたのを思い出します。

今はCDが売れない時代になってしまいましたが、一昔前のCD全盛期の時代は販促企画としてCD購入した特典として数量限定でポスターなんかがもらえたりしてたんですよね。

雑誌の切り抜きを下敷きの中に入れて、授業中ずっと見ていた女子もたくさんいました。

あの下敷き、今でも売ってんのかな?

影響をうけたアーティスト ギタリストは誰?

自分で作詞・作曲もしてギターが大好きな長瀬智也さん。

影響を受けたアーティストやギタリストはいるのでしょうか?

出演したラジオ番組で、BBキングスティービー・レイ・ヴォーンジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトンなどが好きだと名前を出していました。

有名なギタリストの方たちも、必ずジミヘンの名前を出しているような気がします。

やはり、伝説のギタリストの影響ってすごいんですね。

私はジミヘンについてあまり詳しくないですが、その名前を聞いて思い出すのは、歯でギターを弾いてたり、左利きなのに、あえて左利き用のギターを使わず、右利き用のギターを逆さまにして使っていたりと、超個性的な人だったっていうイメージですね。

個人的にはエリック・クラプトンが好きで、にわかですがTears in Heavenやいとしのレイラなんかをよく聞いていました。

名曲ですよね!

ジャンルでいうとブルースが結構好きなんでしょうか。

ブルースってギター超好きな友達から教えてもらったんですが、アメリカ南部でアフリカ系アメリカ人の人たちが労働の辛さやストレス発散をするために歌っていた曲が元になっているそうです。

そういう人たちのソウルミュージックだったんですね。

日本でいうところの演歌みたいなイメージなのかな。

Sponsored Link
 

所有は10本超え!一番好きなギターメーカーは?

そんな長瀬智也さんの愛器はメインで使っているのが10本くらいで、GIBSONレスポールが好きだと出演したラジオ番組でおっしゃっています。

レスポールのあの形が大好きなんだそうです。

確かにTVで放送されているライブや音楽番組でも、エレキギターはレスポールをよく使っていますね。

他にもGIBSONのファイアバードやフライングVやFENDER、ポールリードスミスなど弾いてる写真がありました。

「池袋ウエストゲートパーク」というドラマで共演していたジャニーズ事務所の後輩である、山下智久さんに誕生日プレゼントでGIBSONレスポールカスタムというギターを送っています。

このドラマ大好きでした。

このドラマで宮藤官九郎という天才脚本家を知ったんですよね。

以降のクドカン脚本ドラマは基本全部見ています。

話を戻しまして、GIBSONというメーカーはFENDERと並んで、2大メジャー楽器メーカーです。

GIBSONが設立したのは1902年10月10日、アメリカ・テネシー州ナッシュビルの本拠地を置く楽器メーカーです。

当初はギターじゃなくて、マンドリンを制作していたメーカーだったそうです。

マンドリンって楽器、皆さん知ってますか?

私は中学生の頃に授業で習って演奏していたんで分かりますが、簡単に言えばイチジクを立て割りしたような形のギターに似た楽器で、大きさはギターより小さく、ウクレレより大きいみたいな感じです。

マンドリンも大きさによって、マンドラ・マンドリンチェロとかいろいろ種類もあるんですよ。

もう一方、FENDERというメーカーは1946年に創業したアリゾナ州スコッツデールに本社を置く、ソリッドボディのギターを量産した世界屈指のギターメーカーです。

世の中には、この2社以外にもたくさんの楽器メーカーがありますが、その中でもこの2社どっち派っていう論争が起こるほど、非常にメジャーな楽器メーカーで、いずれはこのモデルをという憧れもでもありますよね。

どちらもいいお値段しますが、FENDERはFENDER JAPANという日本製ブランドを設立していて、アメリカで製造している同社の楽器よりも安価で手に入れることができますよ。

Sponsored Link
 

まとめ

調べてみた結果、長瀬智也さんの愛器は数あるメーカーの中で、GIBSONレスポールが一番好きだということでした。

ついにジャニーズ事務所を退所して独立することを選択した長瀬智也さん。

退所後の活動は現段階では白紙としながらも、今後はクリエーターとしての創作活動を中心として、裏方に徹したいとしているようですが、芸能界から引退ということではないようです。

鉄腕ダッシュも来年3月までは出演することが決まっているようですし。。

残ったTOKIOのメンバー3人は、ジャニーズ事務所内に系列会社、「株式会社TOKIO」を設立して、城嶋茂さんが社長、国分太一さんが企画、松岡昌広さんは広報として活動を継続していくそうですね。

TOKIOのメンバーは皆さん、個性的で人間味溢れる方たちですので、今後もたくさんのエンターテイメントを私たちに提供してくれるのではないでしょうか。

長瀬智也さんは独立、残った3人はジャニーズ事務所内とはいえ、別会社を設立、そのことは元メンバーの山口達也さんにも報告していたそうです。

長瀬智也さんは兼ねてからTOKIOをバンドとして音楽活動再開を熱望していました。

そして、ワイドショーで今持ちきりのこのニュース、今までと違うのは山口達也さんの映っている映像がTVで流れているんですよね。

そこが非常に気になりました。

今までは出演シーンはカットされてたり、モザイク処理がされていたような・・

個人的な見解なんですが、これもしかして、山口達也さんが復帰してTOKIOバンドとして5人でライブとか、TV出演とかあるフラグじゃないですか?

TOKIO、5人で復活ライブ!ってことにならないかなぁと期待を込めて、今後の活躍に注目していきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント