中村玉緒は今何してる?DESTINY鎌倉ものがたりの名演が光る

俳優

「DESTINY鎌倉ものがたり」がテレビ放送されているのを見て、VFXの技術と映像美に見入ってしまいました。

半沢直樹で話題沸騰の堺雅人さんと、CMで紅をアカペラで歌ったときのインパクトが凄かった高畑充希さんとの夫婦愛に感動しつつ、久しぶりに見た中村玉緒さんのことが気になりました。

一時期、テレビのバラエティー番組に引っ張りだこだった中村玉緒さん、あまりメディアで見かけなくなりましたが、現在は何をして過ごされているのか、調べてみました。

Sponsored Link
 

バラエティーの印象が強いが実は名女優

中村玉緒さんは、京都府出身の1939年7月12日生まれのO型です。

中村玉緒さんと言えば、明石家さんまさんとよく共演されていて「さんまのSUPERからくりテレビ」での天然ボケ発言でお茶の間の大人気になりました。

私が中村玉緒さんを知ったのもこの番組で、子供だった私は、明石家さんまさんが中村玉緒さんのことを「お母さん」と呼んでいたのを見て、あぁ親子なんだと本当に勘違いしていました。

豪快な笑い声と満面の笑み、ちょっとずれた天然ボケと明石家さんまさんとの軽快なやり取りが大好きでした。

こんなおばあちゃん(すいません)が家にいると、和むなぁと思いながら当時見ていました。

中村玉緒さんは、バラエティー番組に出演している面白い人というイメージだったんですが、父親は歌舞伎俳優「二代目中村鴈治郎」さん、夫は「勝新太郎」さんと昭和を代表する名俳優の奥様で、ご自身も女優としてご活躍されている著名な方でした。

私の親世代では、勝新太郎さんと結婚して苦労されている女優さんというイメージがあるそうです。

昔話で、昭和の大スターはお金の使い方も豪快で、男気があったとよく聞きますが、勝新太郎さんもかなり破天荒なエピソードが残っています。

喉頭癌で入院していて、退院した際の記者会見でタバコに火をつけ、吹かしながらタバコは止めたと言って報道陣を驚かすなど、愛嬌もあり、皆に勝新と言われて、同業の方や国民にも愛された名優さんでした。

そんな豪快な方の妻だった中村玉緒さん、勝新太郎さんが亡くなった後、長男・長女が逮捕されるなど数々の苦労をされてきて、世間的には苦労人の印象が大きいですが、「生まれ変わってもまた勝新太郎さんと結婚して、子供たちを生みたい」というほど、一途に勝新太郎さんを愛されています。

勝新太郎さんも中村玉緒さんのことを「中村玉緒は勝新太郎無しでも存在し得るが、勝新太郎は中村玉緒無しでは存在し得ない」と最高の賛辞を送っているとされています。

夫婦愛という一言では表せられない、お二人にしかわからない関係・絆が確かにあるんですね。

中村玉緒さんの現在の主な仕事は?

最近テレビでめっきり見る機会がなくなった中村玉緒さんですが、現在はどのような生活をされているんでしょうか?

調べているとびっくりしたんですが、中村玉緒と入力すると死亡と出てきました。

最近年を重ねたせいか、芸能人の結婚とか、亡くなったとかいうニュースをあまり覚えてなくて、一瞬えっ亡くなったの?とショックでしたが、デマでした。

この件は、中村玉緒さんの長男で俳優をされていた鴈龍さんが亡くなっていたという内容でした。

鴈龍さんは孤独死だったそうで、子供を溺愛していた中村玉緒さんは憔悴しきっていたという記事でした。

亡くなった時は絶縁状態だったそうですが、最後を看取れなかった後悔は計り知れないですね。

中村玉緒さんの現在の仕事は芸能関係ではなく、高級着物の販売員をされているということでした。

いつも着物を着てらっしゃったのは覚えていますが、何がきっかけなんでしょうか?

中村玉緒さんが扱う着物の値段、なんと数千万円クラスの超高級着物だそうです。

着物の値段ってざっくり高そうっていうイメージありますが、最高級品になるととんでもない値段がするんですね。

お店に来店されるお客さんも当然分相応な方々でしょうけど、中村玉緒さんに手を握られて、あの笑顔で買いましょう!と言われ続けたら、断れないでしょうね。

セールスの基本、「物を売るのではなく、まず自分を売る」が素で出来てます。

少しお痩せになられたと感じましたが、お元気そうで見ていて嬉しかったです。

https://twitter.com/ss_fujitv/status/1227911511797927936
Sponsored Link
 

まとめ

中村玉緒さんの現在の仕事について調べてみました。

波乱万丈な人生を送られていますが、今後もご自愛いただきながら、私たちをホッとさせてくれる日本のおばあちゃんでいてほしいですね。

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント