厄年とは❓一番手っ取り早い厄落としの方法は❓厄年の基本的な知識を徹底解説!

厄年とは何か理解しよう

厄年の年齢はいつ❓

厄年の年齢は男性/女性で違うようです。一言で厄年と言っても前厄、本厄、後厄と3年間を対象としているようで、しかも男性の厄年として認識度が高いと思われる42歳意外にも、25歳・61歳も男性は本厄みたいです。

また実年齢ではなく、厄年は数え年で判断するようで、数え年は1月1日で満年齢に2歳を加え、その年の誕生日から満年齢に1歳を加えます。要するに誕生日がきた段階で実年齢に1を足した年が対象の年と言うことですね。ちなみに男性が大厄の年は女性は小厄。女性が大厄の年は男性は小厄になるようです。

そもそも厄年とは何❓

そもそも厄年って言葉は聞いたことがあり、周りからも絶対にお祓いにいくべきと言われ、何かよくないことが起こる可能性の高い年齢・・・くらいの知識しかyassanにはありませんでしたので調べてみました。

男性の40代前半、女性の30代半ばなどは肉体的・精神的変化が大きく、体に気をつけなければいけない年齢を昔の人は経験的に厄年と考えたそうです。つまりは統計的に悪いことが起きそうな年齢のことを指しているみたいですね。そのほかにも42歳(死に)、33歳(散々)など語呂の悪さも関係しているようです。

現在の厄年の考え方は江戸中期、元禄の頃には出来上がっていたと言われているそうです。江戸時代の平均年齢は50歳くらい(織田信長の敦盛の舞でも人間50年〜♪と歌ってますよね)だったようで、42歳はもう大病などで倒れてもおかしくない年齢であることもあり、老いや死への漠然とした恐怖感も厄年に結び付けられて考えていたようですね。そもそもこの厄年という発想は民間信仰(地域住民の日常生活のなかで伝統的に形成された宗教現象のこと)として生まれたもので、宗教的な教理上の意味があるわけではないようです。人生の節目に病気や災難に気をつけようと周知するための庶民の知恵だったようですね。

厄年にしていい事、してはいけない事は❓

厄年は運気が変化されると言われていて、そのタイミングで自身の大きな変化を重ねないほうが良いと言われています。例を挙げると、厄年は引越しや新築は避けたほうが良いなどがあるそうです。yassanは本厄に人生を大きく変えようと計画していますが・・・ヤバイかな。。

一般的には旅行とかも控えたほうが良いみたいですが、1年間全く身動きが取れない状態になるなら、あまり気にせずに1つ我慢することを決めて、それ以外は好きなことをしてもいいのではという考え方にも変化しつつあるようです。

厄年を飛躍の年にする!

基本的に厄年には良いイメージがありませんが、厄年を飛躍の年をする考え方もあるそうです。人生は節目を決めて生きた方がいい、その大きな節目が厄年でまさに変化へのチャンスという考え方です。悪いイメージを逆手に取って逆転の発想で再スタート!という事で厄年に独立・起業をして大きく飛躍することを願うなどあるようです。

女性にとって厄年に気になることは❓

厄年というとyassanも見識がないので男性だけのことと思っていたことがありましたが、前述にもあるように女性も厄年があります。女性にとっては結婚、妊娠、出産などが厄年と重なるとよくないイメージがありましたが、厄年に成り立ちを考えるとあまり気にしなくてもいいという意見が多いようです。出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれるなどの言われもあるみたいですね。気になる場合は厄払いを取り入れて気持ちの面ですっきりしておくことが大切だと思います。

厄払いの方法は❓

厄年だと周りにいうと何処どこの神社⛩、お寺がいいよとか、自分達が厄落としに行った場所をいろいろ教えてくれますが、一番手っ取り早い方法がありました。その方法とは、友人や知人を招いて御馳走を振舞うこと!だそうです。厄年の人が、お餅やお菓子、お金などを配って厄を落とすという風習が全国各地にあるそうです。yassanの地元では聞いたことないですが・・なぜ御馳走をすることが厄落としにつながるのでしょうか❓これは財産の一部を贈与することが厄落としにつながると考えられた為だそうです。現代では食事会などを開いてご馳走すれば立派な厄払いになるんですねぇ〜手っ取り早いですね!

まとめ!

厄除けで有名な寺院・神社に参詣して厄除け祈願をするのが無難で良いでしょうね。
厄除けは満年齢ではなく「数え年」である事を頭に入れて、自分の厄年となる誕生日の1週間前までに参詣しましょう。後追いでは意味がないようですので気をつけましょう。
また、厄年を無事に越えたら必ずお礼参りに行くことが必須みたいですね。

お礼参りというと卒業式の後のイメージが。。。今時の若い子たちは分からないかな(笑)

 

コメント