ヤス久保田が盗撮男を退治!リアルヒーローが所属するゼロワンとは

スポーツ

正義のヒーローって子供の頃、誰もが一度は憧れたことがあったんじゃないでしょうか?

アンパンマンや仮面ライダー、戦隊シリーズなどで勧善懲悪を学ぶというのは、時代が変わっても変わらない普遍的なものですね。

そういった作品ではなく、現実世界でヒーローになるってなかなか難しいかもしれませんが、困っている弱気を助けたヒーローが現れました。

盗撮被害にあっていた女性を助けて、見事盗撮犯を現行犯逮捕させたヤス久保田さん。

職業はプロレスラーだというヤス久保田さんについて調べてみました。

Sponsored Link
 

プロデビューは遅くリング上ではヒール役として活躍

ヤス久保田という名前はリングネームで、本名は久保田 康裕(くぼたやすひろ)さん、愛知県東海市出身の1974年7月23日生まれだそうです。

ヤス久保田さんは双子の兄だそうで、弟の久保田英裕(くぼたひでひろ)さんもヒデ久保田のリングネームでプロレスラーとして活躍されています。

この双子兄弟で、久保田ブラザースを結成して、現在は2019年1月1日に入団したプロレスリングZERO1のリングに上がっています。

久保田ブラザーズは双子なので、髪型とかも一緒になると見分けがつかないと思うんですが、そこは考慮?してなのか、弟のヒデ久保田さんが右肩にタトゥーを入れて、タトゥーが無い方がヤス久保田さん、ある方がヒデ久保田さんと言うふうな見分け方ができるそうです。

久保田ブラザーズはリング上では、基本ヒール役として縦横無人に暴れ回っていて、有刺鉄線でのデスマッチなどもやっているそうです。

有刺鉄線というと、ブーム?を作った大仁田厚さんを思い出しますが、いくら体を鍛えているといっても半端なく痛い中、戦える気力体力は凄まじいです。

生傷の絶えない戦いもしていますが、一方でお笑い系レスラーとも試合を組まれるそうで、柔軟な対応ができるオールラウンドプレイヤーとして活躍されているんですね。

ヤス久保田さんのプロレスラーとしての経歴は、2007年9月30日にプロデビューしていますが、それまではアマチュアレスラーとして活動していたそうです。

1991年に本名の久保田康裕の名前で、JWA東海でアマチュアデビューをしてレスラーとしてのキャリアをスタートしています。

社会人をしながらアマチュアレスラーとして活動するってかなり大変なんじゃないかなと思い、どうして最初からプロレス団体に入らなかったのか、ちょっと不思議だったんですが、このJWA東海って脇海道弘一さんが1991年に設立したとあります。

ということは、ヤス久保田さんはこの団体の旗揚げメンバーなんでしょうね。

既存の団体ではなく、自分たちのやりたいプロレスができる場所を作ろうとしていたんでしょう。

プロレスリングZERO1はいじめ撲滅の活動にも尽力

プロレスでゼロワンというと、橋本真也さんが旗揚げした団体だったような記憶があったんですが、今回調べてみるとちょっと違うみたいです。

橋本真也さんが立ち上げたプロレス団体は、プロレスリングZERO-ONEの表記で、ヤス久保田さんが所属しているのは、プロレスリングZERO1です。

読み方は一緒ですが、ZERO1はZERO-ONEに所属していた選手とスタッフが独立して設立した団体で、ZERO-ONEとは別会社なんですね。

昔は、プロレス団体と言えば新日本プロレスと全日本プロレスの2大巨頭が有名でしたね。

いまは結構いろいろな団体が旗揚げされてそれぞれ活動をされているようですが、やはりテレビで中継されないので一般的な認知度は低いんじゃないかと思います。

バラエティ番組でよくみちのくプロレスが出ていましたが、プロレスファンではない私はその時に、プロレスっていろんな団体があるんだなと知ったくらいです。

ZERO1の名前はテレビで見た記憶がありました。

その番組では確か大谷晋二郎選手率いる所属レスラーの皆さんが、海外のどこかの学校に赴き、プロレスを子供たちに見せていました。

子供達は大きな体の選手が空中を華麗舞ったり、ぶつかり合ったりするのを見て興奮していました。

最後に大谷晋二郎選手がプロレスを通じて伝えたいことを語っていたのを思い出します。

この活動がプロレスを通じて、いじめ撲滅の社会活動を行うあなたのレスラーズというチャリティー興業だったんでしょう。

ZERO1はいじめ撲滅を呼びかける目的の定期興業、ちびっ子のイジメ撲滅・元気ハツラツ〜本当に強い人はイジメなんかしないし、何度でも立ち上がる〜も開催していています。

今回所属しているヤス久保田さんが、リング外でも弱者を守る行動をとったことで、まさに見せかけだけじゃなく所属している選手全員が社会貢献に対して本気で活動してることが実証されたんじゃないでしょうか。

恐怖で震えていた被害女性を気遣い、プロレスを見れば元気になりますよと声をかけて名刺を渡したそうですが、そのことを他言せずに会社にも伝えないってカッコいいですよね。

本当にヤス久保田さんの人間性の素晴らしさが感じられた一件でした。

Sponsored Link
 

まとめ

現代のリアルヒーローとなったヤス久保田さんについて調べてみました。

プロレスって昔は野球と同じくらい人気がありましたが、当時と比べると今はテレビ放送は深夜帯に限られた番組があるだけで、メディアの露出は少ないですよね。

今回の件でプロレスに興味を持たれた方も大勢いると思うので、今後注目が集まりプロレス業界全体にも広がっていくといいですね!

では、最後まで見ていただきありがとうございます。

Sponsored Link
 

コメント