ナイナイ矢部が節約生活?マツコ引退説の影響で家計が大ピンチか?

芸人

2020年のキングオブコント、13年目の挑戦で「ジャルジャル」が見事優勝を果たしましたね。

私も決勝をテレビで見ていて、優勝はジャルジャルかなと予想していたので、見事的中させて友人から後日お酒を奢ってもらえることになり、ハッピーです。

そんなジャルジャルが出演していた大人気番組「めちゃめちゃイケてる!」のメインだったナインティナインの矢部さんがピンチでは?という噂を耳にし、興味が湧いたので調べてみました。

Sponsored Link
 

お笑い第4世代の代表格と言われるナインティナイン

ナインティナインは、岡村隆史(1970年7月3日生まれ:B型)さんと矢部浩之(1971年10月23日生まれ:A型)さんのお二人からなるコンビです。

サッカー部の先輩後輩の間柄で、コンビ結成のきっかけは、矢部浩之さんから岡村隆史さんをお笑いの世界に誘い、初期の頃は岡村隆史さんがツッコミ担当で矢部浩之さんがボケ担当と現在とは逆だったなど、有名なエピソードがたくさんある大人気コンビです。

私がナインティナインを初めてテレビで見たのは、当時深夜放送されていた吉本印天然素材のメンバーがでていた番組で、エンディング曲が当時大ブレイクしていたtrf寒い夜だから・・だったように記憶してます。

その番組は、雨上がり決死隊やFUJIWARAなど今もテレビで活躍する芸人さん達も出演していたはずですが、私の記憶はナインティナインさんのことしかなく、当時から見ている人を引きつける魅力がありました。

ちなみに、私の住んでいた地域は民放は2局(日テレ系とTBS系)しか映らなかったので、放送時間帯は実際には違うかもしれませんのあしからず。

結成してから、止まることなくすごいスピードで人気となり、一躍トップ芸人になった印象が強いです。

個人的には夜23時くらいからだったと思うんですが、「ナイナイサイズ」という番組が大好きでした。

若くして売れてから、今でもずっとテレビで活躍している代表的なコンビの一つだといって過言ではないでしょう。

お笑い第○世代とかって誰がどの世代か知ってますか?

お笑い第○世代って最近になって一般的によく聞くようになったと思うんですけど、どの芸人さんが何世代なのかよくわからないのでついでに調べてみました。

まず、お笑い第1世代の代表格は、コント55号ザ・ドリフターズになるそうです。

子供の頃、土曜8時を毎週心待ちにして、全員集合をまさに家族全員で見ていたのを思い出します。

世代的には全員集合よりは、その後の加トちゃんケンちゃんごきげんテレビがどストライクなんですけどね。

お笑い第2世代の代表格は、タモリさんビートたけしさん明石家さんまさんの通称BIG3です。

オレたちひょうきん族、私の住んでいる地域では見えなかったんですよねぇ・・・リアルタイムで見たかったな。

お笑い第3世代の代表格は、とんねるずウッチャンナンチャンダウンタウンになります。

ウッチャンナンチャンがまだテレビに出始めだったとき、日曜お昼のアッコにおまかせに出演した際に、どっちがどっちかわからん!と名札をつけていたなぁと懐かしく思い出します。

お笑い第4世代の代表格は、ナインティナインロンドンブーツ1号2号になります。

この頃、ボキャブラ天国で若手芸人ブームになって、一時期アイドルみたいな人気をたくさんの若手芸人さんがもってましたね。

お笑い第5世代の代表格は、中川家フットボールアワーブラックマヨネーズタカアンドトシになるみたいです。

第一次のM-1グランプリの優勝者が中心になるんでしょうか、この当時のタカアンドトシの人気が凄まじかったのを思い出します。

あっちこっちで欧米か!が炸裂してました。

お笑い第6世代は、代表格というよりは大ヒットしたネタ番組で人気だった芸人さんたちのことをいうみたいです。

毎週エンタの神様で笑って、ストレス発散してました。

2020年キングオブコント優勝のジャルジャルは第6世代と言えるんじゃないでしょうか。

そして、いま大人気の霜降り明星フワちゃんEXITぺこぱが第7世代と言われていますね。

Sponsored Link
 

マツコ・デラックスさんの影響をなぜ受ける?

芸能界は人気者の入れ替えのスピードが早いと言われています。

バズって一躍ブームになると、いろいろな番組に出演して露出が半端なく増えますが、半年もすれば飽きられてテレビに出る頻度が極端に減るいわゆる一発屋という括りにされます。

そんな芸能界で若い頃からずっとテレビに出演しているナインティナイン、矢部浩之さんはもう安泰の位置付けにあるように感じますが・・・しかし、状況を見ると不安になるのはわかります。

代表番組といわれていためちゃ2イケてるッ!が終わり、ナインティナインがコンビとして出演しているテレビ番組は、ぐるぐるナインティナインだけになりました。

コンビ外で個人でやっていた仕事では、18年続いたやべっちF.Cが終了し、残るはアウトデラックスだけとなりました。

そこでマツコ・デラックスさんの今後の動向が、矢部浩之さんにとって重要になると言われています。

マツコ・デラックスさんは、数年後に芸能界を引退する意向をテレビでも発言し、これから少しづつ仕事を調整していくのではないかと噂されています。

レギュラー番組を多数持つマツコ・デラックスさん、まずは冠番組じゃなかったホンマでっか!?TVを卒業し、5時に夢中の出演も最近では、電話出演という形で自宅から放送に参加しているそうです。

次に候補として言われているのが、矢部浩之さんと一緒に出演しているアウト✖︎デラックスです。

マツコの名前が入っていないので、いまいちピンときませんが、確かに冠番組ですよね。

坂上忍さんが再ブレイクしたきっかけになった番組といってもいいですよね。

マツコ・デラックスさんがもし番組降板を申し出た場合には、番組名に名前が入っているので終了してしまうんでしょうか。

もし番組が終わると、矢部浩之さんのレギュラー番組はぐるナイだけになってしまうので、収入的に厳しくなると言われてます。

矢部浩之さんは、現在二人のお子さんがいて私立の有名小学校に入学したばかりだそう。

これから学費にもお金がかかり出す中、家計を心配する声が出ているようです。

しかし、矢部浩之さんは若い頃から売れっ子で、貯金も半端ない金額あると思われるので、節約生活などは考える必要ないんじゃないかと、一般人から見てそう思うんですが・・・。

新番組は、矢部浩之さんの下の世代がレギュラーになることが増えてきて、レギュラーじゃない出演は、おそらく何十年もしていていないので、プライドが許さないのかもしれませんね。

いずれにしても、大人気のマツコ・デラックスさんの動向に影響される方は多そうですね。

Sponsored Link
 

まとめ

ナインティナインの矢部浩之さんの現状について、調べてみました。

テレビ番組では、体を張った企画が多かったナインティナインですが、ファンとしてはまた二人の漫才を見せて欲しいなと思っています。

今後もナインティナインは要チェックです。

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント