江頭2:50がABC-Zの新曲を作詞!頑張れ友よは現代の応援歌

芸人

日お笑い芸人の江頭2:50がジャニーズのABC-Zの新曲を作詞したとして話題になってますね。

そんな江頭さん、最近テレビであまり見なくなったと思うんですが、現状の主な仕事は何をされているのか調べてみました。

Sponsored Link
 

笑いの為なら死ねるサムライ芸人

江頭2:50(本名:江頭秀晴)さんは、佐賀県出身の1965年7月1日生まれ、B型です。

上半身は裸、下半身は黒タイツというインパクトありすぎなルックスに、登場したら客席や出演陣をかき回すほど暴れまわり「がっぺむかつく!!」を連呼、体を張った芸風で出禁になる番組もあるなど、数々の伝説を残しています。

ちなみに私が初めて江頭さんを見たのは「笑っていいとも!」でしたが、その後の番組内で脚本家の橋田壽賀子さんに無理やりキスをするなど暴挙に出て、13年間もの間笑っていいともを出禁になってます。

これも江頭さんがトルコで逮捕されたトルコ全裸事件を再三指摘されたことに対する反撃だったそうですが、海外で逮捕されたりバイアグラを大量に飲んで救急車で運ばれたり、自身が面白いと思うことは、本当に命がけでやってます。

むちゃくちゃですね。(笑)

それもそのはず、座右の銘は「1クールのレギュラーよりも1回の伝説」だそうですから。

安定を求めずに、お笑い芸人として人を笑わせるためにはどんなことだってやる、人の記憶に残ることをやりたいという意気込みでしょうか。

「記録ではなく、記憶に残りたい」ということですね。

登場する前に流れる曲は、布袋寅泰さんの「スリル」で、あの曲を聞くと江頭さんを思い浮かべる人、結構多いんじゃないでしょうか?(私もその内の一人です)

江頭さんのトレードマークの黒タイツ、実はプロのバレエやダンスをしている方々が愛用しているチャコット製で耐久性や柔軟性に優れた一品だそうです。

強烈なインパクトを残す芸風なので、当然お茶の間では賛否が分かれ、嫌いな芸人ランキングでは1位にランクインするなど好感度は高くありませんでした。

しかし、世間的には非常識な芸人と思われていたイメージが一変する出来事がありました。

2011年3月に発生した東日本大震災の際、自身で2tトラックや物資を手配して、さらに自らの運転で被災地に支援物資を送り届けるなど、男気と人情味あふれる行動をしています。

事故により、運搬を拒否する運転手が多かった時期に危険を顧みずに、困っている被災者のためにした行動は、ネット上で賞賛されました。

またこの行動は自ら口外することなく、mixiやTwitterでの目撃情報をもとにメディアに取り上げられ、世間一般に知られることとなりました。

普段の芸風とはあまりにかけ離れた、損得勘定ではない行動に世間が称賛し、江頭さんの人間性と本質を知った出来事でした。

現在は日本を代表するYouTuberの一人

その破天荒な芸風は、昨今コンプライアンスを重視するテレビ業界では、なかなか使いにくいようでテレビで江頭さんを見る機会はめっきり減っていました。

江頭さんの活動は、営業やBeeTVの配信番組で「がんばれ!エガちゃんピン」というお笑い番組をしていました。

この番組はDVDにもなっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江頭2:50のがんばれ!エガちゃんピン [ 50 ]
価格:2817円(税込、送料無料) (2020/9/23時点)

楽天で購入

 

 

自身のやりたいお笑いを目指して、地上波からネット番組へシフトしていった江頭さんですが、2020年2月に満を持してYouTubeに投稿を開始します。

「エガちゃんねる」と銘打ったこのチャンネルは、ネット上ですぐに話題となり、チャンネル登録者100万人を達成するまでわずか9日と、個人としては日本人最速記録となっています。

この最速記録こそが、江頭さんの真の人気を裏付けしているんじゃないでしょうか?

江頭さんのテレビでの位置づけと言えば、なにをするかわからない無茶をする芸人という演出であるので、ほとんどの人が普通じゃない人という認識があると思います。

YouTubeでも無茶な企画をしていますが、それ以外でも、素の江頭さんを見せたり、スタッフを大事にしている場面や芸人としての江頭2:50の姿だけでなく、一個人としての江頭秀晴の部分も見えて、テレビで見ていた時の印象とは大きく変わりました。

自分を飾らず、信念をもって人を笑わそうとしている点、今テレビでよく見かける他人を落として笑いにするやり方ではなく、あくまでも自身を笑いの元としている点、男をして生きざまがかっこよく、人として尊敬でき大ファンになりました。

そんな江頭さんが今回作詞をしていたことにも驚きましたが、その提供相手がジャニーズのABC-Zということでさらにびっくりしました。

日本人最速記録を打ち出した「エガちゃんネル」は2020年9月現在、チャンネル登録者数が215万を超える大人気チャンネルとなっています。

そのチャンネル内で、今回作詞を依頼されてモテそうだからやったとコントちっくに報告していましたが、YouTubeで大人気の江頭さんが作詞をするということだけでもかなりの話題性があるでしょう。

ABC-Zのメンバーも当初は作詞を江頭さんがしたとは聞かされてなかったようで、その事実を知って大喜びしたといってましたので、江頭さんの人気の高さがわかりますね。

初めて作詞をするのにメロディを聞いたら言葉が溢れてきて、すぐにできたという歌詞、内容が気になりますね。

歌詞は自身のYouTubeチャンネルで紹介していましたが、自分で朗読させられてこっぱずかしいといっていました。

江頭さんが作詞したABC-Zの新曲「頑張れ、友よ!」は10月21日に発売され、さらにこの曲はABC-Zの初主演映画「オレたち応援屋!!」の主題歌でもあるそうなので、こちらも要チェックですね。

↓江頭2:50さんのYouTubeチャンネル「エガちゃんネル」

【特報】ジャニーズの新曲、作詞しました
江頭2:50が作詞した「頑張れ、友よ!」は10月21日発売! ▼「頑張れ、友よ!」のMVはこちら! 世界のEGA目指して江頭2:50、頑張ります。 「チャンネル登録、頼むぜ!」 Egashira2:50 is a BADASS SAMURAI !!! Pl...
Sponsored Link
 

まとめ

ジャニーズのABC-Zの作詞を務めるなど、多方面で才能を発揮している江頭2:50さんについて調べてみました。

2020年、自身のやりたいお笑いを発信する場とそて、YoTubeを主戦場に選んだことは大成功だったんじゃないでしょうか。

今後も「エガちゃんネル」で笑いや感動を私たちに与えてくれるのではないでしょうか。

お笑い芸人以外でもその才能が評価されてきているので、いずれ「世界のEGA」と呼ばれる日がくるかも?

体を張った無茶な企画もしたりしていますが、ご自愛いただきながら頑張っていただきたいですね。

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント