イクメンライダー生島勇輝の父親は生島ヒロシ!現在の主な仕事は?

アナウンサー

いつの時代も子供心を躍らせるヒーロー、仮面ライダー。

昭和ライダー、平成ライダーときて、いま放送中の「仮面ライダーセイバー」は令和ライダーと呼ばれるのでしょう。

近年の時代背景を取り入れてなのか、9月20日放送回では、仮面ライダー史上初となる子連れのイクメンライダー「仮面ライダーバスター」が登場しました。

この仮面ライダーバスター役を演じられている生島勇輝さん、実はフリーアナウンサーとして活躍されている生島ヒロシさんの息子さんなんだそうです。

最近あまりテレビで見かけなくなった生島ヒロシさんが現在どのようなお仕事をされているか調べてみました。

Sponsored Link
 

フリーアナウンサーの先駆け的な存在

生島ヒロシさんは、宮城県気仙沼市出身で1950年12月24日生まれのA型です。

カリフォルニア州の大学を卒業後、1976年にTBSにアナウンサーとして入社して、入社3年目から担当したTBSラジオが人気となり、1989年にTBSを退社してフリーになりました。

生島ヒロシさんってTBS出身のアナウンサーだったんだ。

その流れから「アッコにおまかせ」とかTBSの番組に多く出てたんですか・・・。

当時の時代背景で独立してフリーでアナウンサーをしていく人っていうのはかなり少なかったんじゃないでしょうか。

どの会社も終身雇用が当たり前で、いい会社に入社できたらその後は安泰という考えの時代でしたら。

そんな時代でも、独立してやっていくことを決めたきっかけはアメリカでの経験がいかされているのかもしれません。

昔からずっと変わらないツンツンした髪形に、いつもニコニコとやさしそうな笑顔が印象にありますが、実は空手は黒帯で芸能界ケンカ最強とも噂されています。

アメリカにいたときには、当時のアメリカの空手チャンピオンとの試合する話が出ていたとか、絡まれた相手を蹴り数発でノックアウトしたなど、噂されている武勇伝の内容はほぼあっているとか・・・。

能ある鷹は爪を隠すというか、普段温厚な人ほど、怒らせたら怖いというのを体現されていますね。

生島ヒロシさん、64歳のときにライザップで肉体改造に成功されていましたが、若い頃空手で鍛えていたのと元々筋肉質だったこともあるのか、バッキバキの体になっていた衝撃的でしたね。

 

有名タレントも所属する生島企画室の最高経営責任者でYouTuber

生島ヒロシさんがTBSを退社してフルーアナウンサーとして活動していくにあたり、「株式会社生島企画室」を実弟の隆さんと立ち上げました。

当初は生島ヒロシさんの個人事務所として立ち上げたと思われるこの会社ですが、いまはかなりの有名タレントさんなどが所属しています。

タレントさんでいうと、優木まおみさん・中村里砂さん(中村雅俊さんの三女)・朝比奈彩さん・藤田紀子さんなどがいらっしゃいます。

知的なタレントさんが多いイメージです。

フリーアナウンサーでいうと、小林麻耶さんがいらっしゃいますね。

小林麻耶さんってセントフォースに所属していると勝手に思ってたんでなんか以外でした。

俳優でいうと、浅野温子さんやピーターさん、また生島ヒロシさんのご子息で今回の仮面ライダーセイバーにイクメンライダーとして出演されている生島勇輝さん・生島翔さんも所属されています。

浅野温子さん、子供のころ見ていたあぶない刑事からの大ファンです!

ほかにもテレビでみる著名人・文化人の方なども数多く所属されていてかなり驚きです。

これだけの大所帯の事務所の最高経営責任者もこなし、自身も番組出演され、尚且つ書籍の執筆もするなど、かなり精力的に仕事をされています。

メディアの露出も減るわけですね・・・。

かなりご多忙のようです。

これに加え、新たな戦略としてYouTubeの公式チャンネルも今年開設されたようです。

所属しているタレントさんや著名人の紹介や対談などを主に投稿していますね。

生島ヒロシの生島企画室チャンネル開設!【シニアYouTuber】
公式チャンネル開設しました。 今後は所属タレントと生島ヒロシの対談やシニアYouTuberならではの企画を配信していきます。 次回はタレント紹介第1段 池畑慎之助(ピーター)が出演します! チャンネル登録宜しくお願いいたします。 【毎週 金曜日配信予定】

最高経営責任者として、メディア戦略もいろいろ試みされているのでしょう。

Sponsored Link
 

まとめ

俳優をされている息子さんの話題から生島ヒロシさんの現在の主な仕事などを調べてみました。

株式会社生島企画室を調べて見ると、かなり著名な文化人や有名なタレントさんが所属していて驚きました。

生島ヒロシさんは現在ラジオを中心して活動されているようですが、アナウンサーというよりはもう経営者として精力的に活動されているようにも思えます。

今回注目された息子の生島勇輝さんをきっかけに、またテレビなどにも出演されることがあるかもしれませんね。

株式会社生島企画室、今後要チェックです!

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント