セガ名越稔洋さんがチーズ牛丼発言を謝罪? ネットスラングとは?

時事

いきなりですが、いまチーズ牛丼というワードがTwitterなどで話題になっています。

チーズ牛丼を言えば、思い浮かべるのはすき屋のとろ~り3種のチーズ牛丼でしょうか。

複雑な事情がある今、お持ち帰りしたチーズ牛丼を使ったおいしいアレンジレシピが注目されてるのかと思ったのですが、どうも違うようです。

セガの名越さんがチーズ牛丼発言を謝罪?

ネットスラングって何?

どういうことか気になったので知らべてみました。

Sponsored Link
 

セガ名越稔洋(なごしとしひろ)さんとは?

セガの名越さんと言えば・・・ゲーム好きな方はすぐにあの方だ!とわかりますよね?

いい意味で一度見ただけでも、印象が強いので顔を覚えやすいです。

顔を覚えてもらいやすいのは、仕事上でも協力な武器になるんでいいですよね。

セガといえば子供の頃、メガドライブを手に入れてソニックとぷよぷよにハマり、メガCD・セガサターン・ドリームキャストなど、歴代ハードで結構ゲームを楽しんでたなぁと思い出に浸ってしまいます。

ソニック・ザ・ヘッジホックってハリウッド映画にもなってますよね。

セガはアメリカでも人気が高いイメージがあります。

話を戻しまして、名越稔洋さんは1989年に株式会社セガに入社し、バーチャファイターなどでCGデザイナーを担当し、2020年7月現在はセガの取締役CCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)に就任されています。

名越さんの代名詞と言えば、やはり龍が如くのイメージが私は強いです。

始めてプレイしたとき、今までしたことのなかったゲームであまりに面白くて、次の日仕事で朝早かったのに、次セーブしたら止めようと思いながら、止まらなくてほぼ徹夜でフラフラしながら仕事に行ったのを覚えています。

こんな面白いゲーム誰が作ったのかなと、ファミ通を買ってみたとき、なるほどこの方が・・・と納得でした。

ワイルドな風貌で、龍が如くのゲームイメージにピタッとハマってるなと感じたのを思い出します。

社会人になって仕事中心の毎日になり、今はゲームから少し離れてますけど、また時間を作って1から順番にやりたいなぁ。

チーズ牛丼はどうしてネットスラングと言われるのか?

名越さんが謝罪したチーズ牛丼発言ですが、なぜチーズ牛丼が問題になったんでしょう?

そもそも、ネットスラングって何?と知識がなかったので調べてみました。

ネットスラングとは、ネット上で使用される俗語(スラング)のことだそうで、メジャー?なものは「KY」、「ツンデレ」、「リア充」がそうみたいです。

この言葉は日常生活でも使ったことありますし、意味もなんとなくわかりますよね。

これをスラングっていうのか・・・時代に取り残されそうだ。。

その中でチーズ牛丼という言葉は、チー牛と略されるみたいです。

どういうことかというと、陰キャ(陰気な性格の人)をすき屋で3種のチーズ牛丼を頼んでそうな顔だというのを一言で表しているそうです。

元はネットで絵師として活動しているいびりょさんが2008年作成したものだと言われているようです。

若い男性が描かれ、吹き出しの中にチーズ牛丼を注文している言葉が書かれています。

簡単に解釈すると、人を侮辱するネガティブな言い回しとして使われているワードということでしょうか。

いびりょさん Twitter : https://twitter.com/ibiryo_sun

名越さんは2020年7月28日に生配信したセガの公式YouTubeチャンネル「セガなま ~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~」のコーナーの中で、ぷよぷよをプレイしていたeスポーツ選手の容姿をチーズ牛丼食ってそうな感じと発言したことで、視聴者から批判が続出して謝罪に至ったとのことです。

現在はその発言部分はカットされていているようですね。

発言に至ったまでの話の流れがわからないので、詳細は見た人しかわからないですが、侮辱しようとして出た発言なんでしょうか?

配信を盛り上げるためにあえて使ってしまったとか、そういう理由も考えられるかもしれませんね。

いずれにしても、情報発信などが個人でも容易にできる現在、発言は十分注意が必要ですね。

特に生配信なんかは、編集でカットとかはリアルタイムではできないですし・・・

謝罪に関しては、現在YouTubeの動画説明欄にコメントを出されています。

Sponsored Link
 

まとめ

話題になっているチーズ牛丼とネットスラングについて調べてみました。

ネットスラング以外でも、そういうつもりで発言したわけじゃないのに、些細なことが相手に悪く伝わってしまうことって多々ありますよね。

自分も十分注意しなければと気付かされます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント